【有料ゲームアプリ】全人類を感染させろ!Plague Inc.が面白すぎる!実践レビュー

久しぶりにゲームに夢中になりました!

最近ゲームをやりたくてしょうがなかったのですが、

  • 据え置き機やPCゲー、Steamはなんだかんだやってる暇がない
  • 無料アプリは思い切り遊べない

ということもあって、また有料アプリに手を出しています。

今まではPSやDSなど、本体も買って更にソフトも買うのが主流でしたが、今はスマホやタブレットさえあれば、それでゲームができるので嬉しいですね♪

本体とソフトを買うよりも安いこともあって、今いろいろなアプリを少しずつやっています。

いろいろ遊んでいる中でも「こんなに安いのにこんなに遊べるの?!」とコスパも良く、一番夢中になっているのが、「Plague Inc.」というアプリです。

今後少しずつアプリの紹介をしていく予定ですが、一番面白かったアプリを一番最初にぶっこんでいます(笑)

「全人類を伝染病に感染させて滅亡させる」というなんとも怖いコンセプトのゲームですが、難易度も絶妙で頭を使う要素も多く、シミュレーション好きにはたまらないゲームでした!

レクタングル(中)

【有料アプリ】全人類を感染させろ!Plague Inc.が面白すぎでコスパも良し!

1-min

という訳で、今回紹介するアプリがこちら、「Plague Inc. 伝染病株式会社」です。

ちょっと画像は怖いですが、ホラーゲームではないですよ!怖いのがダメな私でも大丈夫でした!(`・ω・´)

Plague Inc. チュートリアルをやってみた

Plague Inc.はこういった世界地図の画面でゲームが進みます。

容量の関係で画質が悪いですが、実際はとても鮮明で綺麗です。意外なことに音楽もとても素敵でした!

3-min

ゲームの始めると、最初に感染させる国を選びます。

チュートリアルは中国からですが、通常のプレイでは好きな国を選ぶことができるので、選んだ国によって戦略の立て方が変わってきます。

例えば、船や飛行機がよく行き交う国なら別の大陸への感染が早くなったり、気温が高い国なら伝染病の菌も熱に強い、というような特性があるんですね。

7-min

そして、1人目の感染者を作ると、そこから感染者が増えていきます。

スタートの時点では、伝染病は強くなく感染力も弱いので、広まっていくのも遅いです。

伝染病を強化していこう

伝染病を広めていくために、「DNAポイント」というものを使って、伝染病を強化していく必要があります。

  • 伝染病の伝染力
  • 伝染病の症状
  • 伝染病の能力

このような様々な観点から伝染病を強化していって、多くの人間を感染させていきます。

ただ、この「DNAポイント」も限りがあるので、考えて割り振っていくことが大切です。ガンガン使いすぎると、後でじり貧になってしまったり、ケチっていくと全然感染させられなかったり、局面を見てバランス良く強化していくのが大事ですね。

伝染病の伝染を強化する

4-min

ここでは、どうやって伝染病を広めていくか、という戦略が立てられます。

チュートリアルでは、まず「家畜」への感染力を高める進化をさせるように言われます。これは特に農村地帯での感染に有効とのこと。

他にも虫、血液、水、空気など、様々な媒体を利用して感染力を高められます。

いずれも「貧しい国に有効」「都市部に有効」「寒い国に有効」など、効果が書かれているので分かりやすいです。

ちなみに私は世界地図がよく分かっていませんでしたが、このゲームのおかげで多少の位置と特性を覚えました(笑)

例えば、今回の中国であれば船や飛行機もよく行き交うので、飛行機や船での感染力を高めるというのも1つですよね。

伝染病の症状を強化する

4-2-min

これはかなりゲームが進んだときの画面ですが、胃や、肺、血液、神経など、6つの部位から好きな場所を選んで症状を出すことができます。

上のゲーム画面では肺炎が出ていますね。咳やくしゃみなど症状の軽いものであれば感染力が高まる程度ですが、更に進化させていくことで内出血や、臓器の損傷など、生死にも関わっていくようになります。

伝染病の能力を強化する

4-1-min

これもちょっと進んでいますが、伝染病を暑い気候でも生存できるようにしたり、寒い気候にも耐性を持たせたり、伝染病自体の強化ができます。

伝染病のタイプも重要

ちなみに伝染病にも様々な種類があるので、

35-2-min

どの伝染病を選んだかによっても、伝染病の強化の仕方が変わっていきます。

(チュートリアルだとバクテリアなのかな?)

「どの国から始めるか」「どの伝染病タイプか」によって戦略がかなり変わってくるので、1度クリアできたからといって同じやり方が通用しないんですよ。

時事ネタによっても左右される

5-min

ゲームの世界では様々なできごとが起こります。

どうでもいいニュースもありますが、例えば「温暖化が進んだ」というニュースであれば更に高温耐性を持たせるように進化させたり、また戦略が変わってきます。

ちなみに伝染病には名前が付けられるので(誰得?)私は少しでも怖い雰囲気をなくそうと思って大体「恋煩い」か「鼻風邪」「微熱」でプレイしていました。

では、チュートリアルプレイに戻りますね!

レクタングル(中)

シェアする

フォローする

レクタングル(中)