生後2ヶ月から使えるアンパンマンのバスチェアレビュー!大活躍中です

子育て


 

生後二か月目にしてバスチェアを買いました!

いやぁ、まさか二人目で新しく赤ちゃん用品を買うことはないと思っていましたが、バスチェアはないと辛いですね;;

なんでもっと早く買わなかったんだろうってくらいに快適でお風呂に入るのが楽になりました。

 

いろいろなバスチェアが発売されていますが、一番衛生的で安全で長く使えそうだったアンパンマンのバスチェアにしました。

写真たっぷりで紹介していきます~~!

 

生後2ヶ月から使えるアンパンマンのバスチェアレビュー!

 

アンパンマンのバスチェアは、リクライニングできるので生後2か月頃から使うことができます。

新生児期は膨らませるタイプのベビーバスを使っていましたが、一緒に入るようになると、とっても大変なんですね!

 

  1. 赤ちゃんを寝かせる
  2. 寝ている間に私と上の娘(3歳)を洗う
  3. 赤ちゃんを連れてくる
  4. 赤ちゃんを洗ってお風呂から出る

 

という風に入っていたのですが、赤ちゃんが寝てくれるのを前提として動いているので、寝てくれないと全部ダダ崩れになってしまうんですね…。

しかも途中で起きちゃうと洗ってる途中でお風呂に連れて来なきゃいけなくて、いろいろグダグダになってしまっていました。

 

特に今の時期は寒いですし、このまま生後6か月まで過ごすのは辛すぎる!!

というわけでアンパンマンのバスチェアを買うことにしました。

 

上の子のときはスイマーバや膨らませるバスチェアを使っていましたが…

 

ちなみに上の子が赤ちゃんだった頃はスイマーバや、膨らませるタイプのバスチェアを使っていたのですが、

 

  • スイマーバはお風呂が狭い&お湯に浸かり過ぎる
  • 膨らませるタイプのバスチェアは生後6ヶ月頃から

 

ということもあって、バスチェアにしました。

前に使っていたスイマーバはお祝いで頂いたものだったのですが、結局穴が開いちゃいましたし、装着も大変だったので、おとなしくバスチェア買うのがいいですね(;´・ω・)

 

アンパンマンのおふろチェアのメリット

3段階のリクライニング付きで生後2ヶ月からOK

 

一番のメリットはやはりこれですね。背もたれがフラットになるので生後2ヵ月から使えるということ。

 

 

背もたれの位置も、後ろにあるレバーを引くだけなので簡単に調節することができます。

 

 

前にも倒せるので使わないときは、ここまでコンパクトになります。

上の部分が取っ手になるので、赤ちゃんを抱っこしながらでも片付けやすかったです。

素材もプラスチックなので軽いです。

 

 

お風呂場に置くとこんな感じ。

うちは結構お風呂も狭いほうですが、端っこにおふろチェアを置いて、反対側で体を洗えばギリギリ赤ちゃんの顔にもかからず、なんとかなりました!

 

セーフティーバー付きで左右どちらからでも開閉可能!

 

黄色のセーフティーバー部分は左右両方とも外せますし、完全にとってしまうこともできます。

安いバスチェアだとバーがないので、寝返りを打ったり動けるようになってからが危ないんですよね。

 

私が今まで使っていた空気を入れるタイプのバスチェアもバーがないものでしたが、自分ひとりだけならなんとか見ながら洗えますが、上の子を洗っているときに何かあったら怖いのでバー付きのしっかりしたものにしました。

 

一人目のときはなんとかしのげても、二人目、三人目と考えているのであれば、最初にちゃんとしたものを買っておくのが一番失敗がないと思います。。

 

滑り止めはバスタオルで衛生的!

 

最終的に決め手になったのがコレでした!

上の写真は実際にバスタオルを付けたところです。

 

リッチェルのバスチェアとの比較

今回おふろチェアを買うにあたって迷ったのが、リッチェルのバスチェアでした。

 

 

リッチェルのバスチェアには、滑り止めマットが付いていて、上の画像のグリーンの部分がそうなんですね。

 

アンパンマンのおふろチェアは家にあるフェイスタオルをつけて毎日洗うことができるので清潔に使えるんですね。

リッチェルのバスチェアの場合は滑り止めマットが付いているので、そのまま使えて楽です。

 

この辺は好みだと思いますが、赤ちゃんのものってカビキラー使いたくないですし、じゃあこまめにマットを天日干しできるかと言えば、うっかりしちゃいそうなんですよね…。

私の場合はタオルのほうが楽だと思ったのでアンパンマンのおふろチェアにしました。

 

 

裏にクリップがあるので差し込むだけです。

赤ちゃんを乗せる前にジャワーで濡らしてから使っていますが、特に滑ることもなく問題なく使っています。

 

アンパンマンもリッチェルの違いをあげると

 

  • リッチェルは滑り止めマットが付いていて、アンパンマンはタオルで代用する
  • アンパンマンはセーフティーバーにおもちゃが付いている

 

こんな感じですね。値段も数百円の違いなので、自分が手入れするときにどっちが楽かで選ぶと良さそう。

リッチェルの場合は水でさっと流して乾かせばOKですが、うっかりお風呂場に置きっぱなしにすると湿気でカビそうなので、私のようなズボラさんはアンパンマンがおススメです!

 

 

うちの場合は上の子もいるので、構えない間もおもちゃで遊んでくれるといいな~という目論見もあります。

 

 

開けたらさっそく上の子が遊んでいたので、食いつきはいいようです。笑

 

生後2ヶ月から使えるアンパンマンのバスチェアレビュー!まとめ

 

さすがに二人目だし、今更おふろチェアを買うのも…と思ったのですが、やっぱり無いとしんどいですね;

おふろチェアを買ってからは、寝ている間にやることをやってしまって、赤ちゃんが起きたらみんなでお風呂に入れるようになったので、時間の無駄がなくなりました!

 

イスで寝かせたままでも泣かないですし、こまめにシャワーをかけてあげれば体が冷えないので良かったです。

冬なので心配していましたが、お風呂の湯気があると意外と冷えないんですね。

 

しっかり立てるようになるまでは必要なので、一年ちょっと使うと思えば買って良かったです。

やっぱりないとしんどいので、最初にちゃんとしたものを買っておくのが一番もったいなくないと思いました!