結局kindleとkoboはどっちがお得なの?比較してみたよ

現在プライムセールにあわせて「Kindle Unlimited」でもキャンペーンを行っています。

 

 

7/17までに↑上記キャンペーンサイトから申し込みをすると、2か月間「Kindle Unlimited」が99円で利用できます。

通常は月額980円なのでかなりお得ですね。

プライム会員で過去12ヵ月以内にKindle Unlimited無料体験を利用および会員登録をしていない方が対象で、対象であれば申し込みボタンが表示されるそうです。

すでに無料体験をされている方も対象かどうか分かるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

Amazon Music Unlimitedという音楽の定額配信サービスでもセールを行っていて、こちらも7/17までの申し込みで4ヶ月間99円で音楽が聴き放題となります。

 

 

どちらもプライム会員であることが前提条件になりますが、プライム会員の無料体験中でも申し込み可能です。

 

 

無料会員は30日以内に解約をすれば料金はかかりません。ネット上で解約も可能。

有料のプライム会員には年間3,900円か、月額400円でなることができます。

 

ーーここから本文ですーー

 

私が初めて電子書籍を知ったのはamazonの「kindle(キンドル)」がきっかけでした。

 

電子書籍には紙の本と比べて多くのメリットがあって

  • 買ってすぐに読める
  • 紙の本を買うよりも安い
  • 紙の本を持ち歩くよりも荷物が少ない
  • 置き場所をとらない

などなど多くのメリットがあります。

 

本体にダウンロードすればオフラインでも読めますし、たくさんの本をまとめて持ち歩けるので、読みたいときに読みたい本を読むことができます。

病院で待っている間や、移動時間など、ちょっとした時間で読めるのですごく便利です。

それから少しずつamazonが提供している「kindle」以外にも楽天の「kobo(コボ)」や、eBook、hontoなどなど、様々な電子書籍サービスを知りました。

 

もともと楽天ユーザーだったこともあって、「kindle」だけでなく「kobo」も使い始めました。

長いこと両方を使い分けてきまして、安く電子書籍を買うコツや、それぞれのメリットも分かったので比較しながらまとめました!

 

先に結論を書いてしまうとこのような感じです。

  • 読みたい本が最初から決まっているのであれば「kobo」
  • 本屋さんをぶらぶらする感覚で本を買いたいなら「kindle」
  • 電子書籍専用の端末を安く買うなら「kindle」
  • 雑誌の読み放題を利用するなら「楽天マガジン」
  • 本や漫画の読み放題を利用するなら「Kindle Unlimited」

 

それでは、詳しく紹介していきます。

kindleとkoboはどっちがお得なの?比較してみたよ

読みたい本が決まっているなら「kobo」がオススメな理由

koboはクーポンを利用するとお得になるからです。

対象書籍限定で割引されていたり、クーポンがあるのはよくありますが、koboでは購入金額に応じて〇%OFFといったクーポンがもらえます。

 

 

エントリーすることで貰えるクーポンもありますし、最初から持っている場合もあります。

 

水曜日はレディースデー、木曜日はメンズデーとして、1,500円以上ご購入時に使える10%OFFクーポンが毎週配布されています。
0と5の付く日は15000円以上で使える30%OFFクーポンも発行されます。

このクーポンは本の種類に関わらず使用できるのでとても便利です。

今どんなクーポンがあるかはkoboのトップページでも紹介されています。

 

他にも「3冊以上で○%OFF」といったクーポンが発行されていることもあります。

この場合の「3冊以上」というのは無料の本でも対象になったので、実質1冊分の支払いでもクーポンを使って購入することができました。

 

 

ちょっと見にくいですがピンクの部分がクーポンの値引き分です。

このときは311円引きで購入していますね。

 

しかもポイントを使って全額支払えたので支払いは0円。

とてもお得に本が読めました!

 

他にもkoboを使うメリットとして、

  • 楽天ポイントで支払える
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 楽天カードでポイントアップ
  • 買い回りセールで1店舗分として扱われる
  • SPUシステムで楽天ブックスまたは楽天Koboで2,000円以上購入でポイント+1倍

というメリットがあります。

SPUはちょっとややこしいのですが、条件を満たすとその月の楽天市場でのお買い物(初日~末日まで)が全てポイントアップされるので大きいです。

 

他にも楽天ではスーパーセールや、お買い物マラソンといった複数のショップで購入するごとに、お得になっていくセールが定期的に行われています。

「kobo」も買い回り対象になっているので、セール中に1000円以上電子書籍を購入すると1店舗として扱われるんですね。

 

そこまで楽天で買い物しないという方も、セール期間中は「kobo」でもセールが行われていて、100円本など安く本を買えるチャンスがあるので、見てみるだけでもおすすめですよ。

 

koboのセールページ

koboのセールはこちらからチェックできます。

 

楽天koboセール
楽天kobo無料本セール

 

koboはトップページにたくさん情報が掲載されているので、トップページも見ておくといいですね。

 

楽天koboトップ

 

読み放題サービスなら楽天マガジン

最近多い月額定額の読み放題サービスですが楽天にもあります。

 

  • 初回31日間無料
  • 月額380円(税抜き)
  • 年間払いで3,600円(税抜き)
  • 楽天ポイント払い可能
  • 1アカウントにつき5台まで

 

楽天マガジンは雑誌がメインで200誌以上が読み放題となっています。

楽天ポイント払いができることと、年間払いで960円分お得になるのが大きいですね。

雑誌もジャンルが広いので、読みたい雑誌が1冊でもあればお得です。

 

楽天マガジン公式サイトはこちら

セールを狙えばkoboでもkindleでもお得に買えちゃいます

 

読みたい本が決まっている場合は、クーポンがある分「kobo」のほうが安いですが、セールを狙えばどちらもお得に本を読むことが可能です。

 

kindleのセールページ

Kindle月替わりセール

 

毎月行われているセールで、1日~月末まで開催されています。

結構多くの本が対象になっているので、私も毎月楽しみに覗いています(*^^*)

 

 

そしてこちらはkindleの日替わりセール。

日付が変わると対象の本が変わります。日替わりセールは1日1冊が対象になっています。

 

どちらのセールも割引率は本によって変わりますが、かなり安くなっている場合もあるので、読みたい本があればラッキーです。

 

kindleには無料で読める本もたくさんあるので、チェックしてみてくださいね!

 

kindle無料本セール
kindle無料コミックセール

 

Kindle Unlimited 読み放題

 

Amazonには月額定額の「Kindle Unlimited」という読み放題のサービスもあります。

楽天マガジンと違って本や、コミック、雑誌など多くの本が対象になっています。

雑誌よりも本が多いので、1冊以上読めば元がとれることが多いですね。

 

初回の30日間は無料で、無料期間中に解約をすればお金もかかりません。

 

amazonプライムに入っているとkindleが更にお得!

 

年間3,900円か、月額400円でアマゾンプライム会員になることができます。

 

有名なのがお急ぎ便ですが、それ以外にもサービスが豊富にあり、その中の1つに「kindleオーナーライブラリー」というものがあります。

これは、アマゾンプライム会員で、「Fire」というタブレットか「kindle」の電子書籍端末を持っている方が対象なのですが、月に1冊対象の本が無料で読めるというサービスです。

 

対象の本が1000冊以上はあるので、探すのがちょっと大変なくらいですが、毎月楽しみにしているサービスなんですよ(*‘∀‘)

 

 

「Fire」も「kindle」もプライム会員であれば4,000円引きのクーポンが使えて、かなりお安く買うことができます。

 

環境さえ整えてしまえば、毎月1冊本を無料で読むことができるので、とてもお得です。

 

 

他にもプライム会員になると、音楽が聴けるサービスや、アニメや映画を見れたり、ストレージの提供もあります。

お急ぎ便以外のメリットも多いので、プライム会員オススメです。

 

koboとkindle電子書籍端末の比較

koboとkindleどちらからも電子書籍専用の端末が発売されています。

いろいろ機能がついていることもありますが、ほぼ電子書籍を見るだけの端末なので、いるかいらないかは人によって分かれます。

 

このような方は電子書籍端末の購入がオススメです。

  • スマホで読んでいる方
  • スマホやタブレットの容量がいっぱいの方
  • タブレットで読んでいて重さで手が疲れる方
  • 目に優しい液晶がいい方

 

ただし、kindleの電子書籍端末はkindleだけ。koboの電子書籍端末はkoboだけga

読めます。

改造をすると読めるらしいのですが、結構面倒そうなのと自己責任になってしまうので、推奨はしません。

基本的にはそれぞれの専用端末と考えておけば間違いないです。

 

いずれ電子書籍端末も欲しいと考えている場合は、kindleかkoboどちらかに決めて本を購入したほうがいいです。

 

koboの電子書籍端末【2018年版】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kobo Clara HD
価格:14904円(税込、送料無料) (2018/7/11時点)

 

  • エントリーモデル

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kobo Aura H2O Edition 2(ブラック)
価格:19980円(税込、送料無料) (2018/7/11時点)

 

  • 防水

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kobo Aura ONE (ブラック)
価格:24624円(税込、送料無料) (2018/7/11時点)

 

  • koboのハイエンドモデル
  • 画面も一番大きく7.8インチ
  • 防水

 

2018年の時点でkoboからは3種類の端末が発売されています。

値段が高くなるほど画面も大きくなります。容量はどれも8GBなので、自分の使いやすい大きさや、防水が必要かどうかで選ぶのがよさそう。

 

kindleの電子書籍端末【2018年版】

kinlde端末はほとんどがプライム会員になると割引になるので、プライム会員になってから購入するほうがお得です。

 

  • エントリーモデル
  • バックライトなし
  • 4GB

 

  • バックライトあり
  • 4GB

 

  • バックライトあり
  • 32GB

 

とにかく容量が多い。漫画しか読めないということではなく、データが多い漫画がたくさん入れられる大容量モデルということ。

まとめてダウンロードしておきたい人にはオススメ。

 

  • ハイエンドモデル

プライム会員の割引がきかないのでベビーユーザーやマニア向け。

結局kindleとkoboはどっちがお得なの?比較まとめ

 

割引クーポンがあるので欲しい本が決まっている場合は「kobo」。月額で読み放題や、月1冊無料で読めるなど、お得に多くの本が読みたいなら「kindle」がオススメです。

 

kindleとkoboを比較して紹介しました!

 

電子書籍というと実際の本とそこまで値段が変わらないので、割高なイメージを持たれている方もいるかもしれません。

ですが、最新の本でも安く買えるのは電子書籍ならではだと思います。

本は中古でもない限り基本的に値引きがないですからね。

 

電子書籍であればセールを利用すればかなりお安く買えますし無料で読める本もたくさんあります。

 

買うのがちょっと照れくさいような本も買いやすいですし、本の置き場所にも困りません。

持ち運ぶ必要もないので、どこでも読みたいときに読めるのもうれしいです。

 

私の場合は病院の待合い室で読んだり、電車やバスの中で読んだり、外で時間が余ったときにカフェで読んだりしています。

家でゴロゴロしながら読むのも、タブレットを置いて片手で読めるので便利でした。

 

私は結局「kindle」も「kobo」も電子書籍端末を買ったのですが、バックライトが付いているものにしたので、暗がりでも読むことができます。

普通に本を持って読むよりも軽いですし、目にも優しいので疲れにくいです。

読みながら寝ちゃってしまい、顔に電子書籍端末を落としても、普通の本を落とすより痛くなかったのも良かったですね。笑

 

電子書籍を利用するようになって、以前よりも本を読む時間が増えたので、これからもたくさん電子書籍を利用したいと思います。