ニュージーランド最大手!コンビタのマヌカハニーで健康生活を始めてみたよ

先日コンビタというメーカーのマヌカハニーを頂きました。

コンビタ社というのはニュージーランド最大手のマヌカハニー生産&販売会社。

1974年から養蜂をしている老舗メーカーなんですね。ニュージーランドの株式市場に上場もしています。

コンビタのマヌカハニーの中でも飲みやすいUMF5+のマヌカハニーと、UMF10+のマヌカハニーを使ったキャンディーを頂いたので紹介します(*´▽`*)

スポンサーリンク


ニュージーランド最大手!コンビタのマヌカハニーで健康生活を始めてみたよ

左の箱がUMF10+のマヌカハニーを使ったキャンディーで、右のボトルがUMF5+のマヌカハニーです。

UMF5+、UMF10+とは

マヌカハニーの特徴は優れた抗菌力。

そのパワーを表す指標が「UMF ○+」という数値です。

この数字が高いほど優れていて希少性も高いということになるのですが、数字が高くなればなるほど食べにくいというデメリットもあります。

気持ち的にはできるだけ数字が高いものを選びたくなりますが、値段も高くなりますし味も独特になるので、まずは低い数値のものを買ったほうが続けやすいと思います。

ちなみに私はUMF15+が初めて食べたマヌカハニーでしたが、ほんのり薬のような風味がしました。

初心者でも美味しく食べられるボーダーはそれ辺りかな?と思います。

コンビタのマヌカハニー(UMF5+)の口コミ&レビュー

まずはメインのマヌカハニーからレビューしていきます。

ブラックとレッドのボトルがオシャレですね。

内容量は250g。

1日の摂取量は小さじ1~2程度と言われているので、毎日小さじ1の量を食べても50日分となります。一カ月以上は持ちますね!

素材はプラスチックでできているのでとても軽いです。

ニュージランド産のマヌカはちみつ100%。

7月上旬に頂いた分で、賞味期限は2019年の1月3日。1年以上持つので期限切れの心配はなさそうですね。

見た目はほとんど普通のはちみつです。

冬場はかたまりますが、スプーンですくって口に入れるととろけるので問題ありません。

香りはマヌカハニー独特の少しツンとした香りがしますが、あまり気にならない程度ですね。

今は夏場なのでかなり緩いです。

スプーンですくって傾けると、とろ~っと垂れてきます。

気になる味ですが、やはりマヌカハニー独特のツンとしたような苦味は少しあります。

ただ、ほとんど普通のはちみつに近い感覚で食べられると思います。

甘みもあって美味しく食べられました。

UMF5+くらいだと美味しさも感じられるので続けやすそうですね。

3才の娘も食べられる味でした。

ちなみに1歳未満の赤ちゃんは抵抗力が弱く、ボツリヌス菌に感染してしまい乳児ボツリヌス症を発症してしまう恐れがあります。マヌカハニーに限らず、はちみつは絶対に与えないでくださいね。

コンビタのマヌカハニーキャンディー(UMF10+)の口コミ&レビュー

そして、同じくコンビタ社から発売されているマヌカハニーキャンディー。

さっぱりとしたレモン・ハチミツ味。

こちらも賞味期限が2018年1月30日までと長めなので安心ですね。

マヌカハニーだけでなくプロポリスも入っていて嬉しいです。

レモンのさっぱりした風味で、マヌカハニー独特の苦味がなくなっていて、とても美味しかったです。

こちらのキャンディーはUMF10+ですが、普通にマヌカハニーを食べるよりも食べやすいですね。

マヌカハニーで挫折した方でもこのキャンディーはオススメですね。

40粒入りだと送料無料なので、キャンディーだけ欲しい方はこちらがオススメ。

私が今回紹介しているのは、こちらのミニサイズです。

ニュージーランド最大手!コンビタのマヌカハニーで健康生活を始めてみたよ まとめ

私は喘息で喉が辛いので、キャンディーをリピートしてみようかな~と思ったんですけど、キャンディーだと目安量が分かりにくいですし、美味しいから食べ過ぎてしまいそうなんですよね。

続けるならティースプーン1杯と決めてマヌカハニーのほうが良さそうな気がしています。

コンビタのマヌカハニーは最大手のメーカーで、パッケージも軽くて小ぶり、かと言って値段もそこまで高くありません。

なのでどのマヌカハニーを買うか迷ったら信頼できるコンビタのものを買っておくのが安心だと思います(*‘∀‘)

レクタングル(大)