いぶり暮らし継続中!自家製ベーコンに燻製ポテトサラダ!お手軽燻製も

最近燻製デビューをしまして、ちょこちょこ作っています。

先日、実家の大きな燻製器を使ってベーコンの燻製をしてきたので、そのまとめと、家で土鍋を使ったお手軽燻製も続けているのでいろいろとメモしておきます。

スポンサーリンク


いぶり暮らし継続中!自家製ベーコンに燻製ポテトサラダ!お手軽燻製も

一週間くらい寝かせた豚バラ肉と、豚もも。

家で土鍋燻製をしても良かったのですが、やっぱり土鍋だとまとめて燻すことができないので、ちょっと面倒なのとチップがもったいないんですよね。

実家には大きな燻製器があるので、そこで燻製させてもらいました。

実家の燻製器は「コールマン スモーカー ステンレススモーカー2」

これでした!

こんな風に肉を吊るしてまとめて燻製できます。

土鍋燻製と比べたメリットは、全体的に燻せて、網で仕切れば1段でも2段でも使えるところ。

そこで別のものも一緒に燻製することができるのでとても便利です。

温度計もついているので、中の温度もサッと確認できて、私のような初心者でも使いやすかったです。

ただ、その分結構大きいですね。

コールマン スモーカー ステンレススモーカー2のメリット

  • 温度がすぐに確認できる
  • 大きなものでも燻製できる
  • たくさんのものをまとめて燻製できる
  • 土鍋よりも匂いがしない

この日はベーコンの燻製だったので、6時間くらい燻していましたが、ほとんど部屋に匂いは残りませんでした。

また、ベーコンの場合は衛生面の関係で80℃以上で燻しておきたいところ。

その辺りも温度計ですぐにチェックができたので良かったです。

コールマン スモーカー ステンレススモーカー2のデメリット

  • チップにした場合、どれくらいチップが残っているか分からない
  • 背が高く、重いため、扱いがちょっと大変
  • 使わないときの置き場所に困る
  • 掃除が大変

↑ これが私には結構重くて辛かったです。

150cmだと、台に乗ってやっと届くくらい。フタの取っ手部分も小さくて滑りやすいので、たくさん肉を吊るすと重みで危ないです。

それと今回、チップで燻製したのですが、チップがどれくらい残っているかが分かりにくかったので、きちんとした燻製器の場合は

チップよりも、このようなスモークウッドを使うのがいいと思いました。

コールマンの燻製器は、下のあたりに小窓があるので、そこからチップの残りを見たり足したりはできます。

ただ、やっぱり見えにくいですし、危ないですし、温度も下がってしまうので、できれば開けずにいきたいところです。

スモークウッドだと、大きさで燻製時間の目安が分かるので、調整もしやすくいいと思います。

今回作ったベーコンも色づきは良く、中まで火が通っていましたが、途中でチップが燃え尽きてしまっていました。

ちょっと香りが弱かったのが残念ですね。

なので、大きな燻製器の場合は、スモークウッドを使ったほうが失敗は少ないと思います(*‘∀‘)

今回燻製したもの

鶏もも

ソミュール液につけていた鳥もも。

ちょっと塩抜きが甘くてしょっぱかったです。

燻す前の味チェックは大事ですね!(; ・`д・´)

これは薄くスライスして、そのまま食べました♪

自家製ベーコン

燻製の香りは弱かったものの、とっても美味しかったです!

これは定期的に作れたらいいなぁ(*´▽`*)

ベーコンのためだけに燻製器が欲しくなってしまうくらい、自分で作ったベーコンは美味しいですよ♪

ベーコンエッグで朝食にしたり、

小さく刻んでマヨネーズとこしょうと一緒に、ご飯に混ぜて食べても美味しいです。

娘はこれがとっても気に入ったようで、いつもの1.5倍の量を食べてました。笑

他にもポトフを作るときにも、燻製したベーコンを入れると、スープ全体に燻製の風味がついて美味しかったです。

ちなみに豚ももでも作ってみましたが、こちらはちょっと硬いので、やっぱり豚バラで作るのがいいと思いました。

これも薄くスライスしたり刻んで使っています。

燻製たまごでポテトサラダ

ベーコンを燻製している下で、一緒にゆで卵も燻製しました。

燻製卵はこちらのサイトを参考に作っています。
http://www.peatshop.com/smoke/smoked-egg.htm

この燻製卵を使ってポテトサラダに。

ほんのり燻製の香りがして、いつもと違った美味しさです。

私は燻製ポテトサラダのほうが好きかなぁ。燻製卵くらいなら土鍋の燻製でもいけそうなので、また家でも作ってみたいと思います。

ちなみにこの燻製ポテトサラダは、「いぶり暮らし」という漫画をもとに作ってみたものです。

「いぶり暮らし」は燻したものをこう楽しむ♪という内容になっていて、読むとマネしたくなっちゃいます。

今回はゆで卵だけ燻製して作りましたが、じゃがいもも一緒に燻製しても美味しいようなので、また作ってみたいですね。

サクッと自宅でスピ―ド燻製

朝食用のウインナーを前の晩に仕込んでみました。

ウインナーは特に何もしなくてもそのまま燻せるので楽ですね。

今回も表面をキッチンペーパーで拭く程度でした。

土鍋でサクッと30分燻して完成です。

できたてをすぐに食べるとバーベキュー風!味見のつもりで1本食べたら止まらなくて3本も食べてしまいました…

冷蔵庫で冷やしておいて、翌朝焼いて食べました。

ご飯がすすみすぎました(*´ω`*)

30分の燻製なら匂いも残りませんし、手軽にできていいですね。

これで使っていたサクラのチップが終わり、次からはクルミのチップになるので、その香りの違いも楽しみです。

レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

レクタングル(大)