スーファミドラクエ世代におすすめ!iphone用RPG「創世のエル」が面白いよ

久しぶりに面白いゲームアプリを見つけたので紹介します!

「創世のエル」は、2013年2月に体験版が配信され、5年もの時が経ってようやく今月、完全版が公開されました。

表現上の理由でアップルの審査がなかなか通らなかったそうです。

アプリ開発も大変なんですね(;´・ω・)

この「創世のエル」は、体験版を無料でプレイすることができます。

無料だけでも10時間以上プレイできるらしく、かなりのボリューム。

これは今私がプレイしているデータですが、左上にプレイ時間が書いてあります。

結構プレイしているつもりですがまだ3時間。

やり込み要素も多いので、無料でプレイできる範囲を終えるまでに10時間以上かかりそうな気がしています。

無料で遊べる範囲を終えた後、エンディングまで進める場合は、840円課金する必要があります。

有料アプリは抵抗ある方もいるかもしれませんが、個人的には無料アプリはすぐ飽きるので、有料でも面白いゲームがしたいです。

スタミナ制たるいですし(´・ω・`)

「創世のエル」はかなりボリュームもありますしシナリオも凝っているので、下手なゲームを買うよりもいいかなぁ、というのが正直な感想です。

ただ、この840円という金額も4月の間だけで改定予定とのこと。

なのでまだプレイ途中ですが、早めに紹介しておきたいと思います(`・ω・´)!

スポンサーリンク


スーファミドラクエ世代におすすめ!iphone用RPG「創世のエル」が面白いよ

タイトルにも書いた通り、昔のドラクエやっていた人ならハマりますね!

ちょっと懐かしいドット絵でゲームは進みます。

左に薄っすら映っている十字キーでキャラクターを操作。

操作性に関してのストレスはないですね。普通にスーファミでプレイしている感覚です。

右のテントのアイコンを押すとステータスや装備の確認、セーブ、道具を使うことができます。

セーブは戦闘中以外いつでも出来るので便利です。

名前は主人公のみ変更可能。主人公は喋らないので、その辺りもドラクエに近いですね。

ファンタジーと思いきや現実世界のような近未来的表現や政治的内容も

核開発施設。

ファンタジーらしくない何やら物騒な施設です。

最初の画像にもよく見ると、左上のあたりにパソコンがあります。

20世紀から21世紀にかけて地球で作られた文明が、この世界に流れ着き、それにより文明が急激に発展した、という世界で物語が始まります。

テレビのことかな?と思うような場面も。

他にこニコニコ動画かな?など、ちょっとニヤリとする描写も出てきます。

「創世のエル」ではもともと3つの国が争い合っていましたが、魔王ドラモスが現れたことにより、協力しあうことになりました。

一般的なRPGなら「ドラモスを倒せば平和が訪れる!」という流れですが、「ドラモスを倒しても、また人間同士で争うようになるんじゃないの?」と考える人もいるのが、このゲームの面白いところです。

他にも、登場する国が「日本・アメリカ・中国」に似ていて、それぞれの国の関係や、歴史ともリンクしています。

スタートは日本のような国で始まり、ところどころでアメリカのような国の言いなりになっている描写が見られます。

他にも「50年前に(アメリカっぽい国と)戦争したんだぜ?信じられるか?」というようなセリフや、「最終的に爆弾を落とされて(日本っぽい国が)負けたの」というような、実際の歴史を感じさせるセリフも出てきます。

南京事件に似ていますね。

これは竹島について話しているように見えますね。

他にもキリスト教っぽいものも出てきたり、見ていて「もしかしてアレのこと?」な、ネタが多く見られます。

政治についてのキツイセリフも…

その辺りの微妙に現実とリンクした独特の世界観がおもしろくて、村人一人一人から話を聞くだけでも楽しいです。

私はまだ日本っぽい国でしか冒険していないので、これからアメリカっぽい国や、中国っぽい国に行って、人々がどういう話をするのかも楽しみです。

こんな小ネタもあります。笑

まだ3時間ちょっとですが、プレイしていてなかなか面白いです。

創世のエルのやり込み要素「カード集め」が楽しい

ちなみに装備は普通に街で買いますが、このゲームオリジナルの要素として「カード」も装備できます。

これは戦闘中、敵に対して「カード化」を行い、成功するとその敵のカードが貰えるというもの。

手に入れたカードを装備することで、敵の固有の能力を身に付けられます。

内容はステータスが上がるものや、スキルが使えるようになるものなど、いろいろ。

カード化してみないと内容は分からないので、集める楽しみもありますね!

強いカードを手に入れればその分戦闘が楽になりますし、手に入れたカードの種類に応じてご褒美アイテムももらえたり、なかなか楽しいやり込み要素になっています。

ちなみに戦闘はターン制でドラクエに近いです。

慌ててコマンド入力をする必要もないので、のんびりプレイしたい方にもピッタリです(*‘∀‘)

創世のエルまとめ!

最後までプレイする場合は課金が必要になりますが、無料範囲だけでもかなりのボリュームなので、ぜひお試しだけでもプレイしてみてください。

で、面白ければ4月中であれば840円で最後まで遊べるので、早めに課金しちゃいましょう!

久しぶりに面白いゲームに出会えて嬉しいです。

こちらのゲームもオススメ!
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

レクタングル(大)