コスパ最高の妊娠線予防クリーム「For Fam」(フォーファム)口コミ&レビュー

スポンサーリンク


いよいよ妊娠10ヶ月!

あと1カ月くらいで赤ちゃんに会えるぞ~!と、ワクワクしています(*‘∀‘)

赤ちゃんもグングン大きくなってきて、お腹も大きくなってきました。

夏ですが結構冷房で乾燥しているので、朝晩マタニティクリームをしっかり塗っています!

きちんとケアしていることもあって、なんとか妊娠線とは無縁の日々をおくっていますよ。良かった良かった。

今使っているマタニティクリーム「ForFam(フォーファム)」の使用感がすごくいい感じで、計算してみたら値段的にも一番安かったのでシェアしたいと思います!

成分が優しいので娘と一緒に使っていて、産後赤ちゃんが生まれてからもみんな一緒に使えそうで楽しみです。

\年に一度のセール開催中/

コスパ最高のマタニティクリーム「For Fam」(フォーファム)口コミ&レビュー

「なんで2本もあるの?」という感じですが、「ForFam」にはローションとミルクの2種類があるんですね。

値段 送料
単品 2,900円 648円
値段 5,220円 無料

単品で購入するよりもミルクとローションをセットで購入したほうがお得です。

通常5,800円のところ、セットだと5,220円で購入できますし、送料無料にもなるのでセット購入がオススメなんですよ♪

お得さに弱い私は、両方使ってみたかったこともあってセットで購入しました(∩´∀`)∩

ただ、最初は「ローションって化粧水っぽいのかな?それだとローションだけ塗っても乾燥が気になるし、ローション塗ってミルク塗って使うほどでもないよなぁ」と迷っていました。

冬ならローションとミルクのWケアでもいいですが、ローションを持て余しそうな気がしていたんですね。

ですが、実際にはローションも乳液のような感覚で使えて、ちょうど良かったです。

2本セットで買って正解でした!

というわけで、ForFamのローションとミルクをそれぞれ紹介していきたいと思います。

ForFam(フォーファム)ボディローションの口コミ&レビュー

まずはローションから。

外箱に入って届きましたが、外箱には更にプチプチが巻かれていて、とても丁寧な梱包でしたよ。

ForFamのローションとミルクは、どちらも300g。

そして、国産です。

ForFam(フォーファム)ボディローションの特徴

豊富なセラミド、オイル、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌が喜ぶ成分がたっぷり入っています。

逆に、香料や着色料、鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤といった、不要なものは入っていないので安心ですね。

全部の成分を載せておくと、こんな感じです。

全成分:水、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、DPG、スクワラン、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、アルガニアスピノサ核油、ヒマワリ種子油、オリーブ果実油、α-グルカン、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、グルコシルセラミド、フィトスフィンゴシン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、アルギニン、アラニン、バリン、セリン、グリシン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アスパラギン酸、ザクロ花エキス、ツバキ種子エキス、チャ葉エキス、カミツレ花エキス、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、オウゴン根エキス、ローズマリー葉エキス、カンゾウ根エキス、アスコフィルムノドスムエキス、コレステロール、パルミチン酸、トコフェノール、白金、ラウロイルラウロイルラクチレートNa、トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル、PCA-Na、PCA、クエン酸、エチルヘキシルグリセリン、ベタイン、ソルビトール、カルボマー、キサンタンガム、乳酸Na、炭酸水素Na、ベヘニルアルコール、フェノキシエタノール

ForFam(フォーファム)ボディローションの使用感

最初はローションという名前だったので、化粧水のようなイメージでいましたが、実際にはジェルのような乳液のようなテクスチャーでした。

ちょっと指で崩すと、スルスルっとみずみずしく伸びていきます。

馴染ませると、うるうるです。

馴染むのも早く、ベタつきもほとんどありません。

かなり伸びがいいので、1プッシュで手の甲から肩まで、しっかり塗ることができました。

ベタつきが気になる人や、お腹をこすりたくない妊娠初期にもピッタリだと思います。

あと、赤ちゃんや子どもにもいいですね。

我が家でもローションを娘と一緒に使っています。

伸びがいいので嫌がる前ににさっさと塗ることができますし、今の時期はこれ1本で十分ですね。

3才の娘は今でも肌が弱く、毎年夏には肌トラブルが多かったのですが、特にかぶれもなく、あせももなく過ごせています。

ForFam(フォーファム)ボディミルクの口コミ&レビュー

そして、Forfamのボディミルクの口コミ&レビューです。

こちらは私がメインで使っています。

ForFam(フォーファム)ボディミルクの特徴

ローションと同じで、セラミドやオイル、コラーゲン、ヒアルロン酸など、肌が喜ぶ成分がたっぷり!

ローションと違う点は、ヨーグルト液が入っているところですね。

よりしっとりな使い心地になっています。

そしてローションと同じく、香料、着色料、鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤は不使用。

不要なものはできるだけ入っていないほうがいいので嬉しいですね。

全成分:水、グリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、BG、水添ナタネ油アルコール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、アルガニアスピノサ核油、スクワラン、ヒマワリ種子油、マカデミア種子油、オリーブ果実油、コメヌカ油、α-グルカン、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、グルコシルセラミド、フィトスフィンゴシン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、スフィンゴ脂質、リン脂質、ヒドロキシプロリン、ヨーグルト液(牛乳)、黒砂糖エキス、グリチルリチン酸2K、コレステロール、ラウロイルラクチレートNa、ポリグルタミン酸、ダイズイソフラボン、カニナバラ果実エキス、イチョウ葉エキス、ツボクサエキス、クズ根エキス、スフィンゴモナス培養エキス、アスコフィルムノドスムエキス、イタドリ根エキス、アメリカショウマ根エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、カラトウキ根エキス、ザクロエキス、アカツメクサ花エキス、ダイズステロール、フィトステロールズ、ペンチレングリコール、リゾレシチン、プロパンジオール、イソステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート60、オレイン酸フィトステリル、白金、トコフェロール、アルギニン、クエン酸、クエン酸Na、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、フェノキシエタノール

ローションに比べて成分表示も多く、より保湿成分がたっぷり入っています。

ForFam(フォーファム)ボディミルクの使用感

ローションと比べてもテクスチャーにそこまで差はありませんでした。

クリームではなくミルクなので、乳液のように柔らかいですね。

指で崩してもこんな風に柔らかく伸びていきます。

ミルクも同じように伸びがいいので、1プッシュで指先から肩までしっかり塗ることができましたよ。

ボディローションと、ボディミルクを塗っている様子を動画にしてみました。

先に塗っているのがローション。後から塗っているのがミルクです。

テクスチャーに関してはミルクとローションではほとんど差がありませんでした。違う点を挙げるならば、ミルクのほうが保湿成分が多いという点ですね。

なので、夏場はどちらか1本ずつ使って、冬にローション→ミルクと重ねづけして使うのもアリだと思いました。

我が家のように赤ちゃんや子どもがローション、自分がミルク、という風に分けて使うこともできるので、やっぱり2本買いがお得ですね(`・ω・´)

他のマタニティクリームとも比較してみました

妊娠中にいろいろなマタニティクリームを使ってきましたが、1gあたりの単価が一番安いのは「ForFam」でした。

メーカー 値段 容量 1g単価
 AFC 2,800円 120g 23.3円
 ナチュラルサイエンス 8,100円 450g 18円
 ForFam 5,220円 600g 8.4円
 ノコア 12,000円 300g 40円

ForFamは2本セットの値段で計算していますが、送料を払って1本だけ買ったとしても1gあたり11.8円なので一番安いですね。

逆にノコアが高く感じるかと思いますが、ノコアの場合はできてしまった妊娠線を消せるということもあって、他のマタニティクリームよりも成分は段違いにいいです。

ワンランク上のマタニティクリームですね。

妊娠線予防として使うのであれば、AFC、ナチュラルサイエンス、ForFam。妊娠線ができてしまった場合や、本気の妊娠線対策ならノコアという感じですね。

それぞれこちらでレビューしています

コスパ最高のマタニティクリーム「For Fam」(フォーファム)口コミ&レビュー まとめ

というわけで、Forfamのボディローションとボディミルクの口コミをがっつりまとめてみました!

私は最初、ボディミルクだけにするか、2本まとめて買うか、本当に悩みました。

ローションが化粧水のようなテクスチャーで、ミルクと一緒に重ねづけするのを前提に作られていたら、夏場は重そうですし、面倒ですし、ローションを使わなくなってしまうと思ったんですね。

実際はどちらも乳液のような使用感で、ボディミルクのほうがより保湿成分が多いくらいの違いでした。

なので、ローションは娘に使い、ミルクを私が使うという風に一緒に使うことができて良かったです。

夏場はどちらか1本ずつ使って、より乾燥する冬場はローションとミルクと重ねづけして使ってもいいですし、赤ちゃんや子どもがローションを使い、自分がミルクという一緒に使ってもいいですね。

なので、やっぱり2本買いが安くなりますし、送料も無料になるのでオススメですよ!(`・ω・´)

 ForFamの公式サイトはこちらからどうぞ!

赤ちゃん訴求LP

レクタングル(大)