アイデスの折りたためる三輪車 コンポフィットがやってきた!

よくハンドルの付いた三輪車を使っている親子を見ては、「楽しそうだなぁ」なんて思っていたのですが、我が家にもとうとう三輪車がやってきました!

スポンサーリンク


idesから発売の折りたためる三輪車コンポフィット

ブラックとターコイズブルーの爽やかな色味が素敵な三輪車です!

モニプラからモニターに応募して当選しました

なんと、こちらの三輪車、ブログのモニターで頂きました!
https://babykubi.com/blog-monitor/1226

当たったらいいなぁと思いつつ応募したのですが、まさか本当に欲しかったハンドル付きの三輪車が頂けることになるとは思わず、当選メールが来た時には飛び上がりました!

メールが届いてからも、送り間違えましたって言われたらどうしようかと、ずっとそわそわしていました(笑)

今回頂いたのは三輪車の他にオプションも含めたフルセットです。

発売されたばかりの商品のため、まだアマゾンにもレビューはありませんでした。

せっかくこんなに素敵な商品を頂けたので、その分しっかりレビューさせて頂きます!

コンポフィットの特徴はコンパクトに折りたためる

なんといっても一番のメリットは「折りたためる」というところですね。

このようにワンタッチでコンパクトにたたむことができます。力のない私でも簡単にたたむことができました。

コンパクトになることで、家に置いておくにも省スペースですし、主人は車に乗せて運べることに喜んでいました。帰省時に持っていくことができますね!

オプションが豊富でカスタマイズしやすい

三輪車に装着できるサンシェードや、バッグ、生後10か月から使えるようになるベビーサポートセットがオプションとして販売されています。

別売りにすることで、生後10か月からベビーカー代わりに乗せたい人というような人はフルセットで買ったり、我が家のように1歳半を過ぎていたらこれは買わなくていいかな、と取捨選択ができますね。

コンポタウンとコンポフィットの違い

同じアイデスより発売されているコンポタウン。

こちらも同じように折りたたむことができて、ハンドル操作ができる三輪車です。

コンポフィットにあってコンポタウンにないのが、ベビーサポートセットに入っているシートベルトと、サンシェードです。

コンポフィットはベビーサポートを使うことによって、生後10か月から使うことができますが、コンポタウンはシートベルトがないため、対象年齢が1才半からとなります。

また、サンシェードが付いていないため、日差しが気になります。

夏場でも帽子を嫌がる子どもは多いので、サンシェードはできれば欲しいですよね。

B型ベビーカーの代わりにコンポフィットはアリ!

人によってはB型のベビーカーを買わないでコンポフィットを買ってしまうのもいいのかなと思いました。

その人がどう活動するかにもよりますが、大きくなってくると子どもってベビーカーに乗りたがらないんですよね。

手を繋いで歩いても子どもはいろんなものに興味を持って、ちょっとしたことで立ち止まるので、なかなか進まないです。子どものペースに合わせてあげたいのは山々ですが、いつも子どものペースに付き合える訳ではないですよね。

三輪車だと楽しんで乗ってくれるので、移動も楽しくなります。

我が家のB型ベビーカーと比較しても、コンポフィットは折りたためるので、そこまで極端にかさ張ることはないですね。

狭いアパート暮らしですが、家の中で収納しています。

組み立て&試乗の感想はこちら。
https://babykubi.com/compofit-assembly/1578

実際にしばらく使った感想はこちら。
https://babykubi.com/compofit-option/1629

レクタングル(大)